仕事の流れ

WORKFLOW

快適な住環境を提供し生活や産業の基盤を支える仕事。

営業部門の仕事

営業職とはお客様に商品・サービスを納品することでお客様がかかえている問題を解決する、あるいはニーズを満たす仕事です。 まずはいろいろと勉強して、経験しないと難しいとは思いますが、お客様に喜んで頂ける仕事です。 最近、営業職は敬遠する若者が多いと聞きますが目標を持って努力し、知識を駆使し、前向きに明るく頑張れば誰でも必ず営業はできます。 お客様に喜んで頂いて、楽しく仕事をしましょう。

営業部門の先輩の声はこちら

STEP1

お客様からのお問い合わせ

お客様からは電話やFAX、メールでの問い合わせがありますが、一番多いのは営業がお客様のお店や現場に赴いて注文や調べ物をお聞きすることです。 お問い合わせ内容の回答や価格の提示などは、担当営業が対応します。当社は卸業社なので口座のあるお客様のみのルートセールスです。 前日の夜には翌日の行動計画を立てて、計画に基づいて営業活動をする訳ですが突発的に現場配達の依頼が入ったり調べ物に時間を費やしたりとなかなか計画通りにはいかない時もあり、いかに効率よく仕事を全うするのかが鍵となります。

STEP2

営業活動

当社の営業はどんな活動をしているかと言いますとキ-マンに会える時間を狙って訪問活動を主にします。 工務店ならお店への訪問、現場で施工されている方へは現場へ営業します。 水道設備業者、土木建設会社から設備の図面を頂き配管材を中心とし空調機器、衛生機器、住設機器等取扱いをしている商品のすべてに於いて見積りさせて頂き、価格回答致します。また現場への配達も柔軟に行なっており県内はともかくとして県外への配達も時々あります。 後、お客様の締日に合わせて集金にお伺いするなどが営業の仕事です。

STEP3

見積り、ご提案

訪問時にはお客様からの御依頼を適切に回答します。またメーカーの新商品や旬の商品などもアナウンスし、時にはお客様の得意先(施主様)に合った商材を提案することあります。 メーカーと同行したりお客様には定期的に開催されるセミナーへも参加して頂き、世の中の流れを一緒になって勉強して商売に繋げていきます。 最近では省エネ絡みの補助金がよく出てくるので、その場合は経済比較表等を作成しメーカー、当社、工事店と三位一体で提案活動をし、受注活動をしています。

STEP4

販売、納品

注文を頂いた商品は主に水道設備に使用される配管材ですが、空調機や衛生機器、住設機器などもあります。 販売に免許が必要な品物以外なら基本どんなものでも仕入れは可能ですので、いろいろな知識が付き販売は楽しいですよ。 住宅、ビル、商業施設いろいろですが何もないところから建物が建って行く間、お客様と材料の打ち合わせして納品していき、現場が完成すると納入業者でも嬉しいものです。

STEP5

アフターフォロー

建築現場等は現場が終わり材料の清算をして終了です。 当社は本来、物を納めて終わりですが納入後のフォローもしっかりとしていき、売ったら売りっぱなしは絶対にないようにし、今後に繋げています。

INTERVIEW

Top